読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

銀行員のたまご -Bankers of eggs-

大学生/就活生/内定者/金融機関のたまご向け クレジットカードって?銀行ってどんなところ?資格の取得のおすすめ参考書など

金融機関に内定が決まったら-日経新聞を購読しよう-

f:id:luvup13:20160814140509j:plain

あと2か月足らずで内定式を控えている皆さま

内々定おめでとうございます

内定式を終えたらいよいよ入社までのカウントダウンが始まります

時間がある今こそ!先に知識を身につけておけば入社後必ず役に立ちます

 

Ⅰ:日経新聞

金融機関勤務の毎日のバイブル、言わずと知れた日本経済新聞

入社後、読み方を教えてくれる優しい会社は限られているため、

自分自身で日々知識をストックしていくしかありません

 

Ⅱ:日経新聞のルーティーン・読み方

どの新聞媒体もそうですが、

①毎日決まったトピックスに基づいた紙面

②各曜日限定のトピックスに基づいた紙面 があります。

①については、

金融機関勤務であれば、一面・総合、経済、投資情報、マーケット、社会欄あたりを通勤時間中に目を通すのがいいのではないかと考えます。

②については、

月曜日の金融欄、

水・土曜日のマネー&インベストメントは必ず目を通すようにしましょう。

月曜日の金融欄では他行動向を知ることができます。

水・土曜日のマネー&インベストメントは最も大切で、暮らしの中で役立つ金融情報や顧客への提案に役立つ情報などが毎週取り上げられています

 

Ⅲ:まずは、購読

まずは購読することから始め、読むことに慣れていきましょう

大きく分けて3つ方法があります

日本経済新聞を購読

②日経電子版を購読

日経テレコンにて購読 

 

筆者は大学3年生~社会人4年目頃までは①の方法で購読しておりました

古風な考えかと思いますが、やはり紙ベースの新聞に慣れてから電子媒体での購読をお勧めしたいと思います

しかし、満員電車等で紙面を開いて読むのが難しい場合もあるかと思うので、

そのような方には②からスタートするのも時代なのかとも思います

③については後日記載したいと思います

 

Ⅳ:投資費用

 購読には基本的には毎月費用がかかりますが、自己投資の必要費用だと思いましょう

①紙面購読=3,670円(朝刊のみ)

②日経電子版=4,200円

★上記①②のセット購読=4,670円

日経テレコン=無料

 

Ⅴ:日経新聞の読み方を学ぶ

新聞自体、初めて読む方も多いのではないかと思います。

新聞嫌いにならないためにまず、新聞の読み方を勉強しましょう!!

 

とっつきにくいマーケット情報を読み解くための基本知識である

金利 物価 景気 が上がると(下がると)何の数値が上がるか(下がるか)ということや日経新聞の見るべきポイントを噛み砕いて解説している本です。

購読前の前提知識として、既に購読している方も今の知識の補完として、

ぜひおすすめしたい一冊です。